東京大学2013第64回駒場祭11月22日(金)~24日(日)
 

文三劇場企画

文三劇場では、有志の団体による公演が行われます。参加資格に特に制限はなく、東大生であればだれでも参加できますが、文科三類の一年生がクラス単位で公演を行うことが多いため、「文三劇場」という名前がつけられています。授業の合間を縫って練習を重ねてきた、若き東大生たちの東大生たちの演技を是非文三劇場まで見にいらしてください。

企画名 団体名 公演日時
文字のない未来 2013年度インタークラス入学13 22日 14:30-15:30

ある朝人間は「文字」を忘れた。文字の精霊を探す旅が始まる……。

文三17組劇場2.0 2012年度入学文科三類17組 22日 16:30-17:30

『自分に無関心であること』―なぜこうなってしまったのか、そしてそこに未来はあるのか。

演劇@さんぱち2010 THE LAST 文三劇場 23日 12:30-13:30,16:30-17:30

「人々に光を」。青臭くても壮大な理想を掲げる学生たちは、の対立の中で何を想う。

24th Night 劇団ほろろ 23日 14:30-15:30

シェイクスピアラブコメを、駒場を舞台に大胆アレンジ!?東大生の贈る、儚い恋の詩。

クラスの沈殿物と愉快な仲間たち 12組歌劇団 24日 13:30-14:30

紹介文なし

劇団狸御殿 文三10組劇場 24日 15:30-16:30

嫌いなものを考えなしにブチ壊したりブチ殺したりするのもたまには楽しいかも知れませんね。