駒場祭とは

非日常の世界を演出し、大学生活を彩る「学園祭」。東京大学では年に2回「五月祭」と「駒場祭」が行われています。駒場祭は11月の終わりに駒場キャンパスで開催され、来場者数は3日間で10万人を超える日本最大級の学園祭です。サークルによる個性豊かなパフォーマンスや展示に加え、様々な模擬店など、500近くの企画が駒場キャンパスに集結します。他にも、東大の教授による公開講座や最先端の研究を見られる学術企画、駒場キャンパスの案内ツアーなども行われており、東大の知的な面と若者のエネルギッシュさを両方味わうことができます。

今年度の第65回駒場祭は11月22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・休)に開催されます。

駒場祭についてもっと知りたい方はこちら

委員長あいさつ

第65期駒場祭委員会委員長に、駒場祭の魅力、そして駒場祭のテーマである「DISCOVERY」について語ってもらいます。

委員長あいさつのページをご覧ください。

昨年の様子

2013年11月22日(金)から24日(日)にかけて行われた昨年度の第64回駒場祭の一部をお見せします。今年はどんな企画がどんなパフォーマンスをするのか、ご期待ください。

昨年の様子のページをご覧ください。