環境への配慮

全国屈指の規模を誇る駒場祭。来場者は10万人を超え、参加企画数も500以上!

……しかしその裏で、大量のごみが排出されていることをご存知ですか?

エコプロジェクトとは

華やかな駒場祭の裏で大量に排出されるごみ。その環境負荷を少しでも減らすため、環境問題に興味を持つ学生と駒場祭委員会が協力して立ち上げたプロジェクトがエコプロジェクトです。

エコプロジェクトの歴史

エコプロジェクトは第48回駒場祭において初めて設立されました。当時の駒場祭は、当日のキャンパス内にごみが散乱し分別もろくになされていない状態で、これを問題視した学生が立ち上がったのが最初と言われます。

翌年の第49回駒場祭では委員会内に「環境局」が設立され、東京大学の学生を中心とする環境サークル「環境三四郎」の一部の学生とともに活動を始め今に至ります。

エコプロジェクトの理念

エコプロジェクトには3つの理念があります。

この理念のもと、様々な活動に取り組んでいます。

活動について

駒場祭で行っている具体的な取り組みについては、以下のリンクよりご覧いただけます。

エコ企画

エコイベント

14分別

駒場祭では、リサイクル率を向上させ環境負荷を低減するため、ごみの14分別を行っています。

14分別の徹底には企画の皆様、来場者の皆様のお力添えが必要です。

ご来場の際にはご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

《可燃系のごみ》

エコ容器

処理後→堆肥

サトウキビの搾りかすからできたバガス素材を用いて作られた容器です。発泡スチロールなどの容器とは異なり、表面がざらざらしているのが特徴です。

割り箸・串・つまようじ

処理後→合板

パーティクルボードと呼ばれる合板材になります。

生ごみ

処理後→堆肥

果物の芯、魚の骨、卵の殻などは堆肥化できないため「その他燃やすごみ」にお願いします。

ビラ・冊子

処理後→再生紙

パンフレットは思い出として是非捨てずにお持ち帰りください。

その他燃やすごみ

焼却処分

上記以外で燃やしても害のないごみはこちらになります。

《不燃系のごみ》

ビニール・プラスチック

処理後→燃料・化学原料

プラのマークがあるものはこの分別です。

ペットボトル本体

処理後→再生繊維

キャップは「ペットボトルキャップ」へ、ラベルは「ビニール・プラスチック」にお願いします。

ペットボトルキャップ

処理後→プラスチック素材

リサイクルされた後、利益は発展途上国に送られるワクチン代となります。

ビン・カン

処理後→ビン・アルミ材他

ビンの蓋は「埋め立てごみ」へ。

埋め立てごみ

埋め立て処分

輪ゴムやアルミホイルなど、上記の処理が難しいものはここにあたります。

《企画から出るごみ》

ダンボール

処理後→ダンボール

木材よりもリサイクルが容易なダンボールの使用を推進しています。

木材

処理後→合板

割り箸などと同様、パーティクルボードになります。

食用油

処理後→燃料

集めた油はVDF(植物性ディーゼル燃料)に生まれ変わります。

特殊ごみ

適切に処分

危険なごみ、処理に特殊な過程を要するごみです。

環境負荷の小さい物品の提供

駒場祭委員会では、環境負荷の小さい物品を一括で購入し模擬店などの企画に販売しています。一括購入により企画の皆様の負担を軽減するとともに、環境負荷の小さい物品の利用を促進することが狙いです。

例えば模擬店などで使用される容器。一部の容器は、サトウキビの搾りかすであるバガス素材から作られており、使用済みのものは堆肥化することができます。一般的な発泡スチロール容器とは異なり、表面がざらざらしているのが特徴です。

他の容器に関しても、紙コップはツリーフリー・非木材紙(竹パルプ10%以上)使用のもの、紙ナプキンは牛乳パック再生紙を原料としたもの、割り箸は間伐材を原料としたものをそれぞれ選んでいます。

また、模擬店のテント上部に掲げられる看板には、木材よりもリサイクルしやすいダンボールパネルの利用を推奨しています。

こちらも、委員会による一括購入・販売を行っています。

エコ容器
▲エコ容器