モデルコース

来場者の皆様に駒場祭をより楽しんで頂くため、モデルコースをご提案!

一足先に、駒場祭を回った気分を味わって頂けます。

駒場祭委員会が厳選した「おすすめ企画」に加え、数々の人気企画を網羅していますので、当日の計画を立てる時にも是非ご活用ください!

モデルコース

1. 正門広場

京王井の頭線駒場東大前駅を降りると、そこにはたくさんの来場者と大きな正門壁画が待ち構えています!

お祭りの雰囲気に早くも興奮してしまうことでしょう。

正門を通り抜けた正門広場では、「まるきゅうProject」や「マラバリスタジャグリングステージ」など、動きのあるパフォーマンスを見ることができます!

また、毎日8:35より行われる委員会企画「オープニング」も見逃せません!

関連リンク

正門広場のタイムテーブル

まるきゅうProject

マラバリスタ ジャグリングステージ

オープニング

2. 1号館

駒場キャンパスに入ってまず目につく建物といえば、時計台が特徴の1号館ですね。

この建物は元々は旧制第一高等学校本館であり、現在は登録有形文化財に指定されています。

1号館の1階では「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」や「東大喫茶殿」などといったサークルによるユニークな展示や喫茶店が数多く揃っています!自分の趣味に合った企画がきっと見つかるでしょう。

また2階では、バンドサークルによる多種多様なバンド演奏を楽しむことができます!

関連リンク

1号館で実施する企画一覧

なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場

東大喫茶殿

3. 8号館・21 KOMCEE West

1号館の賑やかな雰囲気とはうってかわって、8号館・21 KOMCEE Westでは、学術企画が満載です。

駒場の研究室による最先端の研究の展示や、「駒場祭ロボコン」・「Team剛海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト」などといった体験系の企画など、様々な学術企画がございます。

東大ならではのアカデミックな面を発見したい方は、ぜひとも「学術ブックレット」を片手に回ってみては?

また、委員会企画「公開講座」は21 KOMCEE Westの地下のレクチャーホールにて行われます。東大の教授による貴重な講義を聞くことができますよ。

関連リンク

8号館で実施する企画一覧

21 KOMCEE Westで実施する企画一覧

学術企画

駒場祭ロボコン

Team剛海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト

公開講座

4. 第二体育館

ここでは天文部による手作りのプラネタリウムを見ることができます。その規模はなんと直径12m!

整理券がないと入れないほどの大人気企画です。

この駒場祭でロマンチックなひと時を楽しみませんか?

関連リンク

第二体育館で実施する企画一覧

プラネタリウム

5. グランドフェスティバルステージ

第二体育館の隣にあるグランドフェスティバルステージでは、主にクラスバンドやサークルのバンドによるステージ演奏が花を咲かせます!

学生によるアツい全力のライブを見て一緒に盛り上がりませんか?

関連リンク

グランドフェスティバルステージのタイムテーブル

6. 銀杏並木

駒場祭の時期になって鮮やかな黄色に色づいた銀杏並木の下では、駒場のクラスやサークルによる模擬店で賑わっています。

のんびりと食べ歩きしながら銀杏並木を散歩する時間も、きっと駒場祭の思い出の1ページに刻まれることでしょう。

関連リンク

銀杏並木の企画一覧

7. 5号館・7号館

ここ5号館・7号館では「ナゾトキアート・オフライン」や「Sonido de Los Andes~アンデスの響き~」などといった、普段の生活では出会うことのない体験型企画や展示・演奏が充実しています。

関連リンク

5号館の企画一覧

7号館の企画一覧

ナゾトキアート・オフライン

Sonido de Los Andes ~アンデスの響き~

8. いちょうステージ

駒場祭のステージといえば、やはりいちょうステージ!

大規模なステージで毎年多くの方々がいちょうステージの前に集まります!

「マラバリスタ ジャグリングステージ」などといった派手なパフォーマンスやダンスを心行くまで楽しむことができます!

さらに、様々なパフォーマンス企画が集結した「激突!こまバトル~戦え!東大屈指のパフォーマーよ~」や、感動の委員会企画「フィナーレ」も要チェックですよ!

関連リンク

いちょうステージタイムテーブル

マラバリスタ ジャグリングステージ

激突!こまバトル~戦え!東大屈指のパフォーマーよ~

フィナーレ

地図

今までご案内したコースを地図で振り返りましょう。

モデルコースの地図