駒場祭とは

東京大学の1、2年生が学ぶ駒場キャンパス。普段は静かなキャンパスが、いちょうの色づく11月に熱気に包まれます。日本最大級の学園祭、駒場祭です。学生による約500の企画が参加し、来場者は例年10万人を上回ります。同じ東京大学の本郷・弥生キャンパスで開かれる五月祭とは異なり、1、2年生を主体としているのが特徴です。また、模擬店やステージ企画などに加え、研究室による展示など東京大学ならではのアカデミックな企画も多数参加しています。

テーマ

「祭は旅だ。」

予想できない出会いや新しい発見に彩られる旅のように、様々な可能性に満ちあふれた祭を目指したい。

駒場という土地だからこそできる祭を作りたい。 計画通りにいかないことも含めて、祭を楽しんでもらいたい。 そんな思いが込められています。 ロゴは駒場キャンパスの地図をモチーフにしています。 旅路を示す地図は駒場という土地、祭という行程の象徴です。