【学術企画紹介】模擬裁判2016

本物さながらの裁判の演劇を間近で体感してみましょう! いじめという社会問題の背景にある様々な価値観の対立に触れることができるはずです。また充実した脚本、白熱の演技、そして皆さまの投票で決まる判決にも注目です。

企画名:模擬裁判2016

団体名:東大 川人・山下ゼミ

場所と時間:コミュニケーションプラザ2階 多目的教室4

26日13:30-16:00(30分前開場)

27日13:30-16:00(30分前開場)

キーワード: リアルな裁判劇・お客さんが裁判官

模擬裁判_修正版

そもそも模擬裁判って?

模擬裁判とは裁判を模した演劇のことで、川人・山下ゼミに所属する学生が運営している企画です。川人・山下ゼミは、世の中の様々な社会問題を当事者目線で学ぶ「現場主義」を重視し、毎週金曜5限のゲストスピーカーの方の講義と毎週数回行われるフィールドワークを中心に活動するゼミです。

模擬裁判は毎年好評を博している人気企画で、今年のテーマは「子どものいじめ」。SNSいじめなど現代特有のいじめにも焦点を当てた内容です。過去には「教師の過労自殺」や「女性の不当解雇」を扱うなど、社会の中で潜在的に苦しんでいる方が多くいる問題に焦点を当ててきました。法廷では社会問題の背景にある根本的な価値観の対立を肌で感じ、理解を深めることができるはずです。

リアルな裁判がすぐ目の前に

この企画の大きな見どころの1つが、実際の裁判にも劣らない充実の脚本です。弁護士の先生の監修のもと法学を実際に学ぶ学生が裁判例の読み込みや裁判傍聴を通して練り上げたもので、クオリティーはまるで本物さながら。法律に明るくない人にも楽しんでもらえるよう、専門用語の解説も準備しているそうです。そしてもう1つの見どころが、来場した皆さまの投票によって決まる判決内容。このため演技も非常に白熱し、皆さまの共感を呼ぶこと間違いなしです。「裁判劇」という名の通り、裁判としても劇としてもその完成度は折り紙つきです。

私たちの日常に潜む社会問題

日常生活で社会問題について考える機会は非常に少ないです。そのようなことに関心がなく、考えたことすらないという方も多くいることでしょう。この企画は裁判や法律に興味があり社会問題に詳しい皆さまはもちろん、そういった普段は関心がない皆さまでも参加できます。ただ裁判を傍聴するだけでなく一種の裁判員として問題を共に考えることで、社会問題をより身近なものとして受け止められるはずです。ぜひこの裁判劇を通して、日常に潜む存在する問題について考えてみましょう!