【おすすめ・ピックアップ】ワルプルギスの夜 〜驚天動地の千秋楽〜

ゲリラ轟音警報再発令! あの演劇集団宇宙の喜びが、史上最大の問題作とともに駒場祭に戻ってきました! ラップあり、ダンスあり、生演奏ありのカオティックな演出と重厚なテーマが見所です。その圧倒的なパフォーマンスを体感してみてはいかがでしょうか?

企画名:ワルプルギスの夜 〜驚天動地の千秋楽〜

団体名:演劇集団宇宙の喜び

場所と時間:文三劇場

11月25日15:30-18:00(16:00開場)

11月26日9:30-12:00(10:00開場)

ワルプルギス写真①.修正版

演劇集団宇宙の喜びとは?

東京大学に数ある劇団の中でも特に有名な「劇団綺畸」の元主宰たちなどが、プロ劇団「劇団鹿殺し」で修行を積んだ東大生のもとに集い、去年結成された今話題の多分野芸術集団です。

ワルプルギス写真②

その特徴はなんといっても斬新で衝撃的な演出にあります。生演奏やラップ、演武にダンス、テクノロジーといったパフォーマンスを演劇に取り入れ、新たな演劇の境地を切り開いているのです。「暴力的絵面と華やかなパフォーマンスと無秩序なテーマの四元素で神と合一するトランスを巻き起こす。幻覚を伴う中毒性と勢い、神経衰弱ものの喧しさで局所的に狂信者あり。」(演劇集団宇宙の喜び公式Twitterより抜粋)

「ワルプルギスの夜 〜驚天動地の千秋楽〜」

今年の7月に駒場・早稲田・池袋・新宿の路上でゲリラ野外公演として上演された作品のリメイクです。前回の野外公演では、そのパフォーマンスの影響力の強さと熱狂のあまり警察が出動するほどだったといいます。インドネシアの伝統的な仮面劇をもとに、仮面をつけながら個性を求め者から物になった物神の世界を表現します。

そのストーリーとは?

ゲリラ轟音警報再発令。鳴り響くバイクの排気音。物神が帰ってきた。飽くなき個性への欲求から人を超え者から物になった異形の軍。異様な仮面と婆娑羅な衣を纏った物神が楽器で災害的音圧を放ち、ラップを蹴り歌い踊り狂う。ワルプルギスの夜が再び始まる…

来場者の方へのメッセージ

難しい話でもお客さんに楽しんでもらえるように様々なパフォーマンスを取り入れています。老若男女問わず楽しめる劇に仕上がっていますし、価値のある20分間を保証できます。ぜひいらして下さい!

ワルプルギス写真③.修正版