【おすすめ・ピックアップ】なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場

災害やスマホなど身近なテーマの実験が行われ、楽しく科学を学べる科学の教室。理科が好きな方も好きでない方も科学の楽しさを味わうことができるこの企画。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

企画名:なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場

団体名:東京大学 サイエンスコミュニケーションサークルCAST

場所と時間:1号館1階 105教室

3日間終日

4

小学生のお子さまでも楽しく学べる

この「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」では、日常生活に深くかかわる環境や自然災害、さらにはスマートフォンなどに関連した実験を行い、さらに小学生のお子さまでも楽しく学べるような解説を行います!

「東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST」のメンバーは1-2年生合わせて約60人。普段は地域の小学校や公民館での小学生の方向けのイベントを実施しておりますが、その数はなんと年に100回! 駒場祭ではそのノウハウを生かし、小学生のお子さまでも楽しく学べる実験を実施します。

身近な科学を面白い実験で学ぶ

そしてこの企画の1番の特徴はなんといっても、「身近な科学を面白い実験で学ぶ」ことができる点です。例えば、最近大きな社会問題になるなど急速な普及を遂げるスマートフォンや、今年の4月に発生した熊本地震をはじめとする災害など、身近な科学に関する意外な事実を実験で面白く学ぶことができ、小中学生はもちろん、高校生や大学生でも楽しめること間違いなしです!

また実験を「間近で」見られることも大きな魅力です! 目の前で行われる実験をリアルタイムで東大生の部員が説明し、「なんでこうなるんだろう…?」「ふしぎだなあ」と思ったことはすぐに質問することができます!

5

またこの「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」、楽しめるのは実験だけではありません! 中には来場者の方自身が体験できるアトラクションや、メンバーが制作した各種展示品もございます。東大生が時間と労力をかけて作り上げた作品をこころゆくまでお楽しみください。