ピックアップ企画

なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場

  • 【団体名】東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST
  • 【場所】1号館105教室
  • 【時間】終日(全日)

なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場

駒場祭という旅の途中。 ちょっと寄り道して1号館に行ってみると、そこには東大CASTが創り出した夢いっぱいの科学館が! 次々飛び出す驚きの実験。刺激される知的好奇心。 科学の面白さを発見する新たな旅始まりです!

東大CASTとは?

「CAST」は「Communicators of Science & Technology」の略で、「科学と技術を伝える人々」という意味。 科学になじみのない人も含め、できるだけ多くの人々と科学の魅力を共有することを目的として日々活動しています。

教室の様子
小学校や科学館を訪れて年間100回以上ものサイエンスショーや実験教室を開催しており、本格的かつ分かりやすい実験はお子さんを中心に大人気。

もちろん、そのような実験を作るためには、準備段階から試行錯誤の連続です。見て、触って理解できるような模型を作ったり、難しい専門用語を言い換えたり……。実験が形になると、ピアレビュー(CAST内で実験を披露して意見を言い合うこと)を重ねて「分かりやすさ」に磨きをかけます。

駒場祭に科学館が出現!

そんな CAST がお届けするのは、老若男女を問わず科学を好きになれるサイエンスミュージアム!

教室の様子

4つの力や光、建築をテーマとした楽しい実験を披露するブースや、色々なサイエンス展示をご用意しています。 CASTの実験はいつも、私たちの周りにある身近な「なぜ?」を題材にしているので、訪れた人は子どもから大人まで興味津々。 きっとあなたも、良い意味で期待を裏切る現象の数々に驚き、CASTのメンバーによる分かりやすい解説で「なるほど!」と科学の面白さを実感できることでしょう。 また、7号館では、スマホを出発点として電磁気の歴史をたどる実験や、料理を題材にした実験を舞台上でお見せする「サイエンスショー」も行われ、ミュージアムよりも大規模な実験を見ることができます。

あなたも実験に参加できる!

さらに今年は、サイエンスショーと連動したクイズラリー形式の「サイエンスミッション」も企画しています。 これは、来場者のみなさん自身が、試行錯誤をしながら科学を使った謎解きゲームの答えを見つけていただくというもの。来場者のみなさんにもっとアクティブに科学に触れてほしい!そんな思いからこの企画は生まれました。 CASTの実験や展示を見るとき以上のワクワクが感じられるかもしれません。クリアした人には素敵な景品もご用意しています!

待ち時間も飽きさせない!

実験の様子 実験の様子 実験の様子

このサイエンスミュージアムは毎年大人気なので、実験を見るのに順番待ち、なんてこともしばしば。 しかし、CASTはそんな待ち時間もあなたを飽きさせません。短い実験を披露しながらみなさんの間を回り、科学の魅力を余すところなくお伝えします!

メンバーの熱い思い

工夫を凝らした実験を通じて、疑問を発見し「なるほど!」と納得する楽しさを伝えたい。 実験を見るだけでなく体験することで、お客さん自身の手で「?」を「!」に変える喜びを味わってほしい。 そして何より、自分たちの大好きな科学を、より多くの人に好きになってもらいたい!

そんな熱い思いを胸に、メンバーはみなさんをお待ちしています。 CASTの熱意とみなさんの探求心、この化学反応から一体どんな素晴らしいものが生まれるのでしょうか?ご期待ください!

CASTの皆さん