おすすめ企画

東大レゴ部駒場祭展示2015

  • 【団体名】東大レゴ部
  • 【場所】21KOMCEE East 2F K214
  • 【時間】終日(全日)

たった一つの、小さなピース。 どれも角ばっているけれど、合わせればどんなものにでもなれる。 自由自在に姿を作る、魔法のような「レゴ」の世界へ。

東大レゴ部とは?

東大レゴ部の作品は、なんといってもそのレベルの高さが特徴です。 外部からも多くレゴ作品制作の打診を受ける彼らの作品は、毎年駒場祭でも大きな反響を呼んでいます。

作品は個人作品・大型作品・コラボ作品の3種類に分けられます。

「東京大学」
個人作品は、部員一人ひとりが完全に独立して作り上げます。あえてテーマを設けず、制作の一切を個人に委ねることによって、個性的な作品に仕上がっています。
「東京駅」
大型作品は、部員全員が持てるすべての発想と技術の結晶です。パソコンのソフトを使って、入念に構想・設計を行う大規模な作品。作品が大きくなればなるほど曲線が表現しやすくなるため、クオリティーが上がるそうです。 細部までこだわった圧巻の作品をぜひご覧ください。
「阪大×東大」
また、今回は初めての試みとなる他大コラボも行います。大阪大学と共同で、大迫力のモジュールタウン制作に挑んでいます。

実際に触って、遊んで体験できる!

また、子どもから大人まで全ての来場者にお楽しみいただけるようなコンテンツもご用意しています。

まずは、球体講義。 レゴ部の部員が、来場者の皆さまにレゴ制作の基本となる「球体」の作成についてお教えします。部員が一対一で丁寧に教えるので、初めてレゴに触れるお子さんでも必ず球体が作れるようになります。 四角いピースが球体になる。この非常に不思議で貴重な経験をぜひ体感してみましょう。
球体
最後は、プレイコーナー。 実際にレゴを使って、自分だけのオリジナル作品を作ることができます。東大レゴ部員が制作したレベルの高い作品に刺激を受け、思わぬ傑作が出来上がるかもしれません。自由に感覚に任せてピースを組み立てるのもよし、頭でイメージを作って慎重に作り上げていくのもよし。一つのピースから何でも作り出せる、レゴの自由さを感じてみましょう。
子ども達と一緒

駒場祭に向けて

自分で何でも作れてしまう自由さが、レゴの一つの良さ。色とりどりの四角いピースが織りなすレゴの世界へ、ぜひ足を運んでみてください。

では、最後にレゴ部の方からのメッセージを。

駒場祭では大型作品を含めて、誰が見ても楽しめる質の高い作品を展示したいと考えているので、ぜひ駒場祭では【東大レゴ部駒場祭展示2015】に来てください!

レゴ部の皆さん