【おすすめ・ピックアップ】百人一首同好会

映画「ちはやふる」の影響で注目が集まる「競技かるた」。駒場祭では、普段なかなか体験できない「競技かるた」を体験できます! 一般的なかるたと一味違った競技をぜひお楽しみください。

企画名:百人一首同好会

団体名:東京大学 百人一首同好会

場所と時間:1号館1階 113教室

3日間終日

(模範試合)26日13:30-

2

お正月に親戚の家に行き、かるたで遊びながら談笑する… そんな経験を持つ方は多いのではないでしょうか。懐かしいかるたを本格的に体験することができるのが、東京大学百人一首同好会がお送りする「競技かるた」の体験会です。

競技かるたとは飛鳥時代から鎌倉時代までの名歌を収めた「小倉百人一首」を使用した、競技化されたかるたのことです。上の句・下の句の順に読み上げられる和歌に応じて、下の句のみが書かれた札を取る速さを競い合います。競技かるたの特筆すべき点は何といってもそのスピード感! 手元にある札の配置を暗記し、読み上げられる和歌に応じて素早く札を取る。この一連の流れには頭だけではなく、素早い体の動きが求められます。

また今年に入ってから少女漫画「ちはやふる」が映画化されるなど、現在競技かるたは非常に注目を集めており、皆さまの中にも「ちはやふる」を見て「競技かるたって面白そう!」とお思いになられた方も多いのではないでしょうか。この体験会ではそんな競技かるたを体験することができます!

1

「東京大学百人一首同好会」は初心者・経験者問わず広く歓迎します。部員が競技のルールからコツまで、一から丁寧にご説明したのちに体験していただけますので、気軽に競技かるたを楽しめます。一度その面白さに触れれば、またやりたくなること間違いなしです!

また「東京大学百人一首同好会」では、部員同士の対局や外部の方をお招きしての模範試合を見学することもできます。実はこの「東京大学百人一首同好会」の実力は折り紙付き。名人戦と呼ばれる全国大会において、東日本代表を三年連続で輩出しております。全国トップレベルの「かるた」は必見です。

競技かるたに興味をお持ちの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。