【おすすめ・ピックアップ】奇術愛好会ステージマジックショー

歴史ある奇術愛好会のステージマジックを見ることができます。伝統が生んだ彼らの多種多様で個性的なマジックは必見です! 見に来てみてはいかがでしょうか。

企画名:奇術愛好会ステージマジックショー

団体名:東京大学 奇術愛好会

場所と時間:7号館3階 743教室

25-27日14:30-15:30(30分前開場)

DSC_0006

マジックは、誰しも一度は見たことがあると思います。とはいえ、生で本格的なマジックを見たことがある人は案外少ないのではないでしょうか?

「一度でいいから目の前で本格的なマジックを見てみたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、東京大学奇術愛好会による、「奇術愛好会ステージマジックショー」です!

歴史ある奇術愛好会

奇術愛好会は東大唯一のマジックサークルで、主に1・2年生が中心となって活動しています。その歴史は50年以上とかなり長く、技が上級生から下級生へと受け継がれていたり、駒場祭に向けた練習でOBからアドバイスをもらったりするのが伝統になっているのだとか。マジックのクオリティは折り紙付きで、その証拠に駒場祭のおすすめ企画に毎年のように選出され、毎年人気を博しており、過去にはプロマジシャンも輩出しています。

DSC_0013

個性あるマジックの数々

このショーではもちろん奇術愛好会のマジックを見ることができるのですが、一口にマジックといっても、大きく分けて2種類あります。まず、トランプやフォーク、コインなどを使ってお客さんの目の前で演じるクロースアップマジック。そして、鳩を出したり、大掛かりな道具を使ったりする迫力のあるマジックを100人単位の大勢のお客さんに見せるステージマジックです。このショーではステージマジックを見ることができ、迫力のあるマジックを目の前で楽しむことができます。しかも、学生たちが独自に技を組み合わせたり、普通は用いないであろう道具を使ったりした、多種多様で個性的なマジックです! 登壇する10数名それぞれのオリジナリティあふれるマジックは、見ている皆さまを飽きさせません! ひとたび目にすれば、目が釘付けになること間違いなしです!

テレビで見るのとは一味違ったマジック、見に来てはいかがでしょうか。