【おすすめ・ピックアップ】みかん料理屋台

みかんの魅力と可能性を発信する東大みかん愛好会がプロデュースするお店です。今年は「みかん春巻き」を販売します! みかんと春巻きの絶妙なハーモニーを味わい、みかんの一風変わった新しい食べ方をお楽しみください!

企画名:みかん料理屋台

団体名:東大 みかん愛好会

場所と時間:900番教室前B4

3日間終日

みかん料理屋台-1

企画紹介

「みかん料理屋台」を運営する東大みかん愛好会は、みかんの消費量が全国的に減少しつつあることを危惧し、みかんの魅力と可能性を発信しようと活動している団体です。

活動内容は独特で、「夏の海といえば冷凍みかん」という意識を普及させるために夏に浜辺で冷凍みかんを販売したり、とにかくみかんの良さを知ってもらおうと東京大学のキャンパスでみかんを無料配布したり、はたまたお座敷列車を一編成丸ごと貸し切って車内でみかん弁当を振舞ったり…と、みかんへの熱い想いの詰まった企画を多数催しています。

さて、そんなみかん愛好会が運営するのが「みかん料理屋台」。

ここでは、みかんを活用した料理を作り、販売しています。今年のメインメニューは「みかん春巻き」。みかんと春巻きという一見不釣り合いな組み合わせも、みかん愛好会の手にかかれば絶妙な調和を見せてくれます。

しかし、なぜみかん単体ではなく、みかんを使った料理を販売するのでしょうか。

そんな疑問をメンバーの方にぶつけたところ、

「みかん単体を販売しても、お祭りでは多くの方が買って下さいます。しかし、お祭りという機会に、風変わりで興味をそそる『みかん料理』を食べて頂き、『みかん料理』の意外なおいしさを味わって頂きたいです。また、この『みかん体験』を通して、みかんの食べ方の可能性を、さらにみかんの可能性を知って頂こうと考えたのです」

と答えてくださいました。

みかん愛好会の活動の先には大きな志があります。

「お客さんには、みかん料理を味わうことでみかんの可能性を“発見”し、何かみかんを使った料理を作ってみようと思い立ってもらいたい。そうして、より多くの人たちがみかんを買い、みかんを楽しむようになってほしい。それが私たちの夢であり、希望です。」

メンバーの方は、そう語られていました。

みかんの内に秘めた可能性が輝く「みかん料理屋台」。

「百聞は一食に如かず」。みかん春巻き、ぜひご賞味ください。

意気込み

誰も経験したことのない「みかん体験」ができるので、ぜひいらしてください!

%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%96