おすすめの企画

特別講演会

団体名

駒場祭委員会

時間

11月25日(日)14:00-15:30

場所

数理科学研究科棟

東京大学の卒業生である西内啓先生が統計学の力について、「実際にどう社会で使われているのか」という視点から講演されます。

・西内啓先生

プロフィール:

東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバードがん研究センター客員研究員を経て、2014年11月より株式会社データビークルを創業。自身のノウハウを活かしたデータ分析支援ツール「Data Diver」などの開発・販売と、官民のデータ活用プロジェクト支援に従事。著書に『統計学が最強の学問である』、『統計学が日本を救う』(中央公論新社)などがある。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)アドバイザー。

「統計学は社会でどう役に立つか」

今みなさんが学校で学んでいる統計学が、ビジネスや行政の世界でどれだけパワフルに使われて、それを使いこなせることがみなさんのキャリアにおいてどれだけ大きな意味を持つかについてお話しします。

備考

整理券が必要です。
整理券配布日時:11月25日(日)12:00から
整理券配布場所:数理科学研究科棟北

企画一覧に戻る