おすすめの企画

質量分析で探る地球の今と昔

団体名

教養学部統合自然科学科 角野研究室

時間

11月23日(金)終日

11月24日(土)終日

11月25日(日)終日

場所

21 KOMCEE West 3階 K302教室

団体紹介

総合文化研究科・角野研究室では、火山ガス、温泉水、地下水、火山岩とそれに含まれるダイヤモンドなどの鉱物、隕石などのさまざまな天然試料に含まれる希ガスの同位体の個数の比、すなわち同位体比を、独自に開発した質量分析計を用いて測定し、形成したばかりの太陽系や、過去と現在の地球内部や表層で何が起こったのか、あるいは起こっているのかを明らかにする研究を行っています。

企画紹介

地球内部のマントルや地殻、地球外の小惑星などでの物質の起源や移動過程を、希ガスの「同位体」を手がかりに解明しようとしている研究と、そのツールとなる技術「質量分析」についてポスターを展示します。研究対象としている鉱物や隕石なども展示し、顕微鏡で観察することができます。実際に質量分析計を用いて、空気中や呼気にどのような成分が含まれているかの分析を実演します。

企画一覧に戻る