おすすめの企画

プラネタリウム~夜空が紡ぐ物語~

団体名

東京大学 地文研究会天文部

時間

11月23日(金)終日

11月24日(土)終日

11月25日(日)終日

場所

第一体育館 3階 球技場

・プラネタリウム上映開始予定時刻

23日(金)

12:00 12:50 13:40 14:30 15:20 16:10

24日(土)

9:30 10:20 11:10 12:00 12:50 13:40 14:30 15:20 16:10 17:00

25日(日)

9:30 10:20 11:10 12:00 12:50 13:40 14:30 15:20 16:10

※整理券の配布は各上映1時間前に行います。

※上映時間は40分ほどです。

整理券配布(各講演の開始1時間前に配布予定)

会場内での飲食禁止

公演中の電子機器の利用不可

公演中の途中入室不可

団体紹介

天文部の正式名称は「東京大学地文研究会天文部」です。インカレサークルで、様々な大学の学生が共に活動しています。

正式な部員として活動するのは約2年間で、現在活動に参加している部員数は合計で150名ほどです。

東京大学駒場キャンパスを拠点とし、主な活動は年6回行われる合宿と、この駒場祭プラネタリウムです。

企画紹介

天文部は毎年プラネタリウムを制作し、駒場祭で上映しています。プラネタリウムを構成する、ドームや投影機、上映プログラムは全て手作りです。

ドームの大きさはアマチュア最大級の直径12メートル。一度に100名以上の方が公演をご覧いただけます。

投影機は毎年作り直しています。しかし、ただ同じものを作るわけではありません。より良い機構がないかを部員の間で相談し、試行錯誤を繰り返して、新しい投影機を作り出します。

上映プログラムには音声ソフトとライブ解説があります。声優を務めるのも、収録を行うのも、脚本を書くのも、全て部員です。星空の魅力をお客様にわかりやすく伝えられるよう工夫を凝らしました。

これらの制作には多くの困難が伴います。それでも、私たちの目指していたプラネタリウムが完成した時、そして何よりも、プラネタリウムを見に来てくださった方々に感動していただけた時の喜びは、なにものにも代え難いものです。

今年も駒場に満天の星が訪れます。「プラネタリウム〜夜空が紡ぐ物語〜」にぜひお越しください。

  

過去の駒場グランプリ受賞歴(学術文化部門)

  • 第68回(2017年) 第1位

  • 第67回〜第54回(2016年~2003年) 第1位:11回、第2位:3回

企画一覧に戻る