企画詳細

キャンパスツアー
東京大学駒場祭委員会
企画ID:104

場所・時間

場所
キャンパス各所
時間
3日間全日 終日
大きな地図を見る 駐輪場 こまっけろひろば グランドフェスティバルステージ (グラフェス) いちょうステージ 正門広場 1号館 5号館 7号館 11号館 12号館 13号館 21 KOMCEE East 21 KOMCEE West コミュニケーションプラザ (コミプラ) 第一体育館 生協食堂 初年次活動センター 柏蔭舎 三昧堂 数理科学研究科棟 900番教室 駒場小空間 ファカルティハウス (ルヴェソンヴェール) 駒場博物館 Caffé VIGORE 正門 坂下門 西門 北門(野球場門) 裏門 梅林門 炊事門 第一グラウンド ラグビー場 野球場 第二グラウンド 東急バス渋55系統・京王バス渋60系統 東大裏バス停 東急バス渋55系統 二ツ橋バス停 京王井の頭線 駒場東大前駅 西口 東大口 東口 工事中

企画紹介

委員がご来場の皆さまをお連れして駒場キャンパスをご案内します。ただ歩いているだけでは気づけない駒場キャンパスの魅力をお伝えします。

文武両道ツアー

駒場キャンパスで学ぶ東大生には、勉学に励む人もいれば、スポーツに勤しむ人もいます。そのためキャンパスには教室や研究室だけではなく、ラグビー場やグラウンドなどの運動施設も数多くあります。このツアーでは、文・武両方の視点から駒場キャンパスをご紹介します。

東大1年生なりきりツアー

駒場キャンパスに通いはじめて間もない1年生が利用する建物を中心にご紹介するツアーです。普段あまり知られていないような東大生の生活に迫ることができます。ガイドからの話の中には、ツアーでしか聞けない、受験生に耳寄りな情報もあるかもしれません。

駒場キャンパスで一生過ごせる?ツアー

駒場キャンパスには教室だけではなく、食堂、さらには禅を楽しむための三昧堂などの多くの建物があります。駒場キャンパスで仮に一生を過ごすとしたらどのような建物を使うのかをご紹介する、ストーリー仕立てのツアーになっています。

駒場の自然と歴史ツアー

現在の駒場キャンパス周辺は、江戸時代には鷹狩場として栄えていました。その長い歴史を読み解くためのカギとなるのは2つの植物です。このツアーではその2つの植物に注目しながら、緑豊かで歴史のあるキャンパスを、関連する建物とともにご紹介します。

参加するには

・キャンパスツアーに参加するには、1人1枚参加証が必要です。

ツアー開始時間の10分前までに、キャンパスツアー集合場所(キャンパスツアー受付前)にお越しください。時間になりましたら出発いたしますので、余裕を持ってお越しください。

・キャンパスツアー参加証は、午前の分は9:30から、午後の分は12:30から配布いたします。他のご来場の皆さまの迷惑となりますので、時間前からお並びいただくことはご遠慮ください。

・グループでご参加の場合は、参加証は代表者1名が並んで受け取ることが可能です。受付にてグループの人数をお伝えください。なお、1名が一度に受け取れる枚数は最大6枚までとさせていただきます。

・参加証は、なくなり次第終了いたします。あらかじめご了承ください。

・「文武両道ツアー」「東大1年生なりきりツアー」「駒場の自然と歴史ツアー」では最後に普段は入れない1号館時計台に上ることができます。

・すべてのツアーで階段を通ります。足元には十分お気をつけください。

受付

22日(金)9:30〜16:00
23日(土)9:30〜16:00
24日(日)9:30〜15:30

注意事項

参加証配布あり