企画詳細

10分で伝えます!東大研究最前線
大学院生詰め合わせ
企画ID:319

場所・時間

場所
21 KOMCEE East2階K211教室
時間
22日(金) 15:00〜18:00
23日(土) 10:00〜18:00
24日(日) 10:00〜15:00
大きな地図を見る 駐輪場 こまっけろひろば グランドフェスティバルステージ (グラフェス) いちょうステージ 正門広場 1号館 5号館 7号館 11号館 12号館 13号館 21 KOMCEE East 21 KOMCEE West コミュニケーションプラザ (コミプラ) 第一体育館 生協食堂 初年次活動センター 柏蔭舎 三昧堂 数理科学研究科棟 900番教室 駒場小空間 ファカルティハウス (ルヴェソンヴェール) 駒場博物館 Caffé VIGORE 正門 坂下門 西門 北門(野球場門) 裏門 梅林門 炊事門 第一グラウンド ラグビー場 野球場 第二グラウンド 東急バス渋55系統・京王バス渋60系統 東大裏バス停 東急バス渋55系統 二ツ橋バス停 京王井の頭線 駒場東大前駅 西口 東大口 東口 工事中

企画紹介

多様な専門を持つ大学院生が、自らの研究分野付近の「ちょっと面白い」話題を取り上げ、「誰でも通りすがりに聴くことができ、最先端の研究に関する土産話を持ち帰ってもらえる講演」をコンセプトにプレゼンを行う企画です。
基礎的な知識のない方にもわかりやすく、なおかつ最先端の知の面白さに触れられるように、こだわりの内容で時間を掛けてプレゼンを準備しています。
各プレゼンはわずか10分間に凝縮されているので、多数の企画をめぐりたい場合も空き時間にちょっと立ち寄って楽しむことができる一方で、一日中滞在してもとりどりの話題で飽きることなく過ごせます。

ここがおすすめ!

東京大学で最先端の研究を行う大学院生が、文理を問わず多様な分野から集まり、自らの研究内容やその周辺のこぼれ話を10分で紹介します。一回の講演が短く入退場が自由なので、気軽に楽しめるのもポイントです。

高い専門性

東京大学の最先端、つまり世界の最先端で研究を進める大学院生による発表は、専門性に富んだものです。「最新の研究がどれだけ進んでいるか」や「現在どの学説が主流になっているか」にまで踏み込む学術性の高さにも注目です。

工夫されたプレゼンテーション

「東京大学の大学院生」「研究の最先端」などの言葉を聞くと、とっつきにくく、予備知識が必須のように思えるかもしれません。しかしこの企画で用意されているのは、東大生が「わかりやすさ」を第一に準備したプレゼン。事前に練習会を行い、お互いの発表内容を確認するほか、プレゼンに実験を交えるなど、どんな方でも楽しむことができる工夫がなされています。

団体紹介

東大の大学院に籍を置く院生有志で集まった団体です。普段は各々研究を行いつつ、専門分野周辺の「ちょっと面白い話」の種を集めています。