企画詳細

瀧本ゼミ駒場祭講演会
瀧本ゼミナール政策分析パート
企画ID:423

場所・時間

場所
13号館1階1313教室
時間
22日(金) 10:00〜12:00
大きな地図を見る 駐輪場 こまっけろひろば グランドフェスティバルステージ (グラフェス) いちょうステージ 正門広場 1号館 5号館 7号館 11号館 12号館 13号館 21 KOMCEE East 21 KOMCEE West コミュニケーションプラザ (コミプラ) 第一体育館 生協食堂 初年次活動センター 柏蔭舎 三昧堂 数理科学研究科棟 900番教室 駒場小空間 ファカルティハウス (ルヴェソンヴェール) 駒場博物館 Caffé VIGORE 正門 坂下門 西門 北門(野球場門) 裏門 梅林門 炊事門 第一グラウンド ラグビー場 野球場 第二グラウンド 東急バス渋55系統・京王バス渋60系統 東大裏バス停 東急バス渋55系統 二ツ橋バス停 京王井の頭線 駒場東大前駅 西口 東大口 東口 工事中

企画紹介

瀧本ゼミはこれまで国会議員や地方自治体の首長に対してエビデンスに基づいた政策を提案し、AED使用促進に関する条例(千葉県)や傍観者に着目したいじめ対策(世田谷区)など実際の導入に結びつけてきました。
今回の瀧本ゼミ・駒場祭企画では、これまであまり議論されてこなかったエビデンスに基づいたLGBTの権利保護に着目し、新宿区長・吉住健一先生にエビデンスに基づいた同性パートナーシップ制度導入などの政策を提言します。

同性パートナーシップ制度は同性カップルの保護のために渋谷区と世田谷区で導入が始まり、近年導入自治体が年々増加しています。しかし、同性パートナーシップ制度の意義が同性婚を認めることに限定されたり実質的なメリットが存在しないと考えられたりした結果、制度の導入が見送られている自治体も少なくありません。

瀧本ゼミでは、同性パートナーシップ制度の導入により、性的マイノリティへの偏見が少なくなり、結婚を望む同性カップルだけでなく多くの人達とってポジティブな影響があったのではないかという仮説の下、先行研究の調査や独自の分析を行ってきました。
先行研究でも同性婚の合法化でメンタルヘルス改善や自殺企図の減少が指摘されており、同性パートナーシップ制度を導入した地域では性的マイノリティのメンタルヘルスが改善したことや社会参画の度合いが上昇したことが報告されています。瀧本ゼミ独自の分析では、日本において同性パートナーシップ制度導入により自殺率が減少したことが明らかになりました。
瀧本ゼミでは他にもLGBTの方達を対象としたアンケート調査などさらなるエビデンスの作成を進めており、これらのエビデンスをもとに自治体への同性パートナーシップ制度導入の提案を行っています。

果たして東大生が独自の分析により作成したエビデンスに基づく政策は実現するのか、是非御覧ください。

ここがおすすめ!

瀧本ゼミでは、最近話題になっているLGBTなどのテーマに加え、歯科介入やいじめ対策などについての政策を、駒場祭の場で新宿区長に直接提案し、ご来場の皆さまと行政をつなぎます

今年のゲストは新宿区長

毎年さまざまなゲストを招き講演会や政策提言を行っている瀧本ゼミですが、今年は現新宿区長の吉住健一氏を招いて政策の提言を直接行います。すでに他の区で実施されている政策を中心に提言し、その場で判断を仰ぎます。過去には提言した政策が実際に施行されたこともあり、政治が動くその瞬間は必見です。

エビデンスベースドポリシーメイキング

瀧本ゼミから提言される政策は、すべて根拠に基づいているうえに、すでに実施され効果が確認されたもの。それゆえに、実際に政治を動かしうる実践的な政策が提案されるのも大きな魅力です。今年の駒場祭では、ゼミ生が世界中の政策の調査を行い、歯科介入・いじめ対策プログラムKiVa・同性パートナーシップについて、政策を提言します。

団体紹介

東京大学の学生が中心となり、EBPM(証拠に基づいた政策提案=Evidence-Based Policy Making)を志向した政策立案を行い、ロビイング活動などを通じて政策実現を目指す自主ゼミナールです。AEDの使用及び心肺蘇生法の実施の促進に関する条例の千葉県での制定、傍観者にアプローチする効果的ないじめ防止対策プログラムの世田谷区での導入などは、当ゼミの提言で行われました。2017年の五月祭では現防衛大臣の河野太郎氏をお呼びして大学改革について提言を行い、科研費に対する要望提出に結びつき、2018年の五月祭では全国最年少副市長であるつくば市副市長毛塚幹人氏をお呼びし、インターネット中継の中熱い議論を行いました。今年の五月祭では、文京区長成澤廣修氏に対して、新生児への保湿剤塗布によるアトピー性皮膚炎予防政策の提言を行い、世界初の新生児に対するアトピー介入政策が文京区で準備中です。

受付

22日(金)9:30〜10:00

注意事項

途中入退場可