企画詳細

生物学展示会
東京大学生物学研究会
企画ID:476

場所・時間

場所
1号館1階106教室
時間
3日間全日 終日
大きな地図を見る 駐輪場 こまっけろひろば グランドフェスティバルステージ (グラフェス) いちょうステージ 正門広場 1号館 5号館 7号館 11号館 12号館 13号館 21 KOMCEE East 21 KOMCEE West コミュニケーションプラザ (コミプラ) 第一体育館 生協食堂 初年次活動センター 柏蔭舎 三昧堂 数理科学研究科棟 900番教室 駒場小空間 ファカルティハウス (ルヴェソンヴェール) 駒場博物館 Caffé VIGORE 正門 坂下門 西門 北門(野球場門) 裏門 梅林門 炊事門 第一グラウンド ラグビー場 野球場 第二グラウンド 東急バス渋55系統・京王バス渋60系統 東大裏バス停 東急バス渋55系統 二ツ橋バス停 京王井の頭線 駒場東大前駅 西口 東大口 東口 工事中

企画紹介

東大の生き物好きたちがこの1年間で観察した生き物の集大成の展示です。駒場キャンパスで数十回に及ぶ調査で得られた膨大な昆虫標本や、長期休暇に様々な離島に行って観察した生き物の標本・写真を展示します。生き物の素晴らしい多様性をぜひ感じ取ってください。

ここがおすすめ!

生物学研究会が手がけるこの企画では、昆虫標本を主とする標本の展示会が行われます。展示される昆虫はすべて駒場キャンパスで採集されたもので、駒場の自然の豊かさを実感できる空間です。

多種多様な昆虫標本

展示される昆虫標本は400種を超え、その多様さは見る者を圧倒します。また、標本はカブトムシやクワガタからチョウ・カメムシまでがそろい、お子さまをはじめ、年齢問わず多くの方が楽しめます

確かな専門性

生物学研究会はこれまでに、学術的に貴重な種についての報告を専門雑誌に多数掲載された実績を持ちます。学術性の高い研究成果が展示され、生物多様性学・都市緑地学といった見地から駒場の自然を見つめ直させてくれること間違いありません。

駒場の自然の豊かさを実感

この企画で展示される標本はすべて駒場キャンパスで採集されたものです。都会の真ん中に位置する地、駒場に生息する400種以上の昆虫に出会い、駒場の自然の貴重さを実感できます。

団体紹介

東京大学生物学研究会は、70年の歴史を持つ東大唯一の生き物全般を対象としたサークルです。フィールドワークを中心とし、長期休暇は離島で、普段は東京近郊などで生き物の観察・採集などを行なっています。論文を読み込む学術肌のメンバーも多く、常日頃から様々な面で生き物と関わっています。

注意事項

展示する標本箱の蓋はガラス製のため、強く叩いたり体重をかけたりしないようお願いします。

ウェブサイト/SNS