企画詳細

東京大学フィロムジカ交響楽団駒場祭演奏会
東京大学フィロムジカ交響楽団
企画ID:538

場所・時間

場所
900番教室
時間
24日(日) 13:50〜15:00
大きな地図を見る 駐輪場 こまっけろひろば グランドフェスティバルステージ (グラフェス) いちょうステージ 正門広場 1号館 5号館 7号館 11号館 12号館 13号館 21 KOMCEE East 21 KOMCEE West コミュニケーションプラザ (コミプラ) 第一体育館 生協食堂 初年次活動センター 柏蔭舎 三昧堂 数理科学研究科棟 900番教室 駒場小空間 ファカルティハウス (ルヴェソンヴェール) 駒場博物館 Caffé VIGORE 正門 坂下門 西門 北門(野球場門) 裏門 梅林門 炊事門 第一グラウンド ラグビー場 野球場 第二グラウンド 東急バス渋55系統・京王バス渋60系統 東大裏バス停 東急バス渋55系統 二ツ橋バス停 京王井の頭線 駒場東大前駅 西口 東大口 東口 工事中

企画紹介

今回の駒場祭演奏会では、第51回定期演奏会のプログラムより
狂詩曲「スペイン」/シャブリエ
幻想序曲「ロメオとジュリエット」/チャイコフスキー
幻想交響曲/ベルリオーズ
の3曲を一部抜粋してお送りいたします。
 情熱的な情緒を持つスペイン、熱い愛を交互に歌い合うロメジュリ、切なく大人な愛を語る幻想と三者三様な「熱さ」と「愛」を演奏します。ちょっと大人なフィロムジカを覗いてみませんか?900番講堂でお待ちしております。
 第51回定期演奏会は12月15日(日)@武蔵野市民文化会館です♪

団体紹介

東京大学フィロムジカ交響楽団は現在約180名の団員が所属している、大規模なインカレオーケストラサークルです。当団名のフィロムジカ(Philomusica)とはギリシャ語の philos(愛)、ラテン語のmusica(音楽)という2語に由来しており、日々音楽を愛し、楽しんで活動しております。
 当楽団は1982 年に「フィロムジカ合奏団」という名称で誕生し、当時は古典派・バロック及びそれ以前の音楽を演奏する団体でした。2005 年に現在の「フィロムジカ交響楽団」に名称が変更され、古典派からロマン派以降の音楽まで幅広く演奏する団体となりました。
 2016 年には熊本・大分震災復興チャリティー・コンサートに参加し、その様子は、福岡FBSでドキュメンタリーとしてテレビ放送されました。また、同年にウィーン・フィル首席ヴィオリストのハインリヒ・コル氏に訪問していただき指導と交流をいただくなど、活動の幅を広げています。

注意事項

禁止項目:演奏中の録音・撮影、途中入退室(曲間の入場可)