環境問題を考える

東京大学環境三四郎

SDGsやエネルギー,海洋資源,希少種,新型コロナウイルス感染症による自粛生活など6つの切り口から,動画配信の形で話題を提供し,環境問題について考える企画です.環境関連の話題に興味関心のある学生や社会人の方におすすめです!

企画に行く

ライブ配信企画

暮らしの中のSDGs①②(東京都・対馬市)

SDGsってよく聞くけど、身の回りでどんなことやっているの?そう思っていませんか。2020年度内閣府のSDGs未来都市に選定された自治体の取り組みを紹介しつつ、その取り組みを通してSDGsについて、団体のメンバーがディスカッションを行います。各担当者は出身都道府県を取り上げ、私たちの目線でSDGsの取り組みの今について考え、今できることや考えなければならないことについて論を展開します。

配信時間
11月21日(土)10時00分〜12時00分
アーカイブあり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

モーリシャス重油流出事故から学ぶべきこと

今年の7月末にモーリシャス島近海で日本のタンカーが座礁、重油が漏れ出すという大事故が発生しました。これによりモーリシャスの周辺の環境・生態系、そして産業は大きな打撃を受けました。しかし、日本ではあまりその実状については知られていないため、それがどれほど深刻なのかを改めて考えるとともに、今回の事故から学ぶべきことを話します。

配信時間
11月21日(土)13時00分〜15時00分
アーカイブあり
事前予約あり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

ウイルス学の基礎

2020年に突如として猛威を振るった新型コロナウイルス。4月には緊急事態宣言が発され、人々の日常が大きく変化しました。その様々な変化が環境に与えた影響について考えるとともに、環境問題の本質に迫ります。

配信時間
11月22日(日)10時00分〜12時00分
アーカイブあり
事前予約あり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

新型コロナウイルスによる生活の変化と環境問題

2020年に突如として猛威を振るった新型コロナウイルス。4月には緊急事態宣言が発され、人々の日常が大きく変化しました。その様々な変化が環境に与えた影響について考えるとともに、環境問題の本質に迫ります。

配信時間
11月22日(日)13時00分〜15時00分
アーカイブあり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

暮らしの中のSDGs③④(岡崎市・瀬戸内)

SDGsってよく聞くけど、身の回りでどんなことやっているの?そう思っていませんか。2020年度内閣府のSDGs未来都市に選定された自治体の取り組みを紹介しつつ、その取り組みを通してSDGsについて、団体のメンバーがディスカッションを行います。各担当者は出身都道府県を取り上げ、私たちの目線でSDGsの取り組みの今について考え、今できることや考えなければならないことについて論を展開します。

配信時間
11月23日(月)10時00分〜12時00分
アーカイブあり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

オガサワラシジミから第6の大量絶滅について考える

私たちは今、第6の大量絶滅にいるとも言われています。オガサワラシジミに関するニュースを切り口に、生き物が激減する背景や対策、そもそもなぜ生き物を守るのかについてお話しし、生き物の現在と未来について考えます。

配信時間
11月23日(月)13時00分〜15時00分
アーカイブあり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

団体紹介

ビオトープやゴミ問題、水問題をテーマにした小学校での授業や、こども園での生き物と触れ合う企画などの環境教育を実施しています。また、キャンパス内にある駒場池の生物調査や植生管理を行い、駒場池が学生と野生生物にとって好適な環境となることを目指して活動しています。

団体のウェブサイト・SNS

東京大学環境三四郎

関連する企画

ライブ
資源・エネルギーフォーラム2020
国際資源・エネルギー学生会議
新型コロナにより低迷した経済を回復させ、同時に持続可能な社会に近づけるという「グリーンリカバリー」が今、提唱されています。アフターコロナのエネルギーはどうあるべきか、またそれを実現するプロセスについて、資源やエネルギーの観点から持続可能な社会についてのビジョンを持つ方を招き、講演していただきます。 講演者様: 安田陽様 (京都大学大学院経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授) 秋元圭吾様 ([公財]地球環境産業技術研究機構 システム研究グループ グループリーダー) 大林ミカ様 ([公財]自然エネルギー財団 事業局長)
学術 / 自然科学
展示ライブ
日本の貧困問題に迫る
東大World Citizen
みなさんはSDGsをご存知でしょうか? SDGsとは、国連が2015年に採択した、持続可能な開発のための17の目標と169のターゲットからなる開発目標です。今回私たちはそのSDGsについて展示を行います。私たちのSDGsに関する意見を発信し、その上で来場者の方に自分のこととして考える機会を持ってもらえるような展示づくりを目指しています。 その中で今年は貧困問題について深掘りしました。よくアフリカや南米の貧困問題については様々な機会で扱われていますが、日本における貧困問題は関心が低いように思われます。そこで今回は日本における貧困問題を東大生なりに展示としてまとめて、大学内外に訴えていきたいと思っています。 貧困問題やSDGsについてもっと学びたい人も、まだあまり知らない人も、SDGsについて考える機会を得るためにもぜひお越しください!
学術 / 社会科学
展示
学術企画
新型コロナとLGBTs大学生活
東京大学TOPIA
新型コロナウイルスはLGBTsのキャンパスライフをどのように変えたのか。学生同士の対談からわかった事実をレポート。
ライブ
生物学への誘い
森林化学研究室
「生物学は暗記が多くて大変」という言葉を(特に受験生から)よく聞きますが、受験のための生物学と学問としての生物学はまったく異なります。今回対談をする教養学部の道上教授と農学部の五十嵐准教授は、どちらも東京大学で実際に生物学の研究をしているだけでなく、以前にセンター試験の問題を作っていた先生です。二人の先生が、どのように受験用の生物学と学問としての生物学を捉えているのかを、参加者の皆さんとざっくばらんに議論する会にできたらと思っています。
学術 / 自然科学