考えよう。視覚障害支援のあり方。

東京大学点友会

多様性を尊重し、みんなにとって暮らしやすい社会を作っていくことは、私たち一人一人の未来に対する責任です。そこに様々な障害をお持ちの方への支援は欠かせません。今回の企画で、点友会は特に視覚障害支援のあり方について討論を進めていきます。来場者の皆様がより視覚障害支援に対して興味を持っていただけたら幸いです。

企画に行く

ライブ配信企画

動画に関する質疑応答

質疑応答

配信時間
11月21日(土)10時00分〜11時00分
11月21日(土)14時00分〜15時00分
11月22日(日)10時00分〜11時00分
11月22日(日)14時00分〜15時00分
11月23日(月)10時00分〜11時00分
11月23日(月)14時00分〜15時00分
アーカイブなし
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

その他の企画

視覚障害支援のあり方 点友会による発表

視覚障害支援を考える上で、インタビュー内容を動画にまとめました

注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

団体紹介

東京大学点友会は昭和49年創立された東京大学が唯一点字を扱っているボランティアサークルです。毎年の学園祭パンフレットの点訳と触地図の作成を始めとして、点字・視覚障害に関する活動を行っております。また毎年の駒場祭への出展も行っております。

団体のウェブサイト・SNS

東京大学 点友会東京大学点友会

関連する企画

ライブ
駒場祭特別演奏会
東京大学音楽部管弦楽団駒場オーケストラ
東大オケのうち1、2年生を中心とする駒場オケによる演奏会です。今年は シベリウス:交響曲第2番 シベリウス:フィンランディア ウェーバー:魔弾の射手序曲 をライブ配信でお届けいたします。
音楽 / オーケストラ・吹奏楽
参加型
映画『こども食堂にて』上映会&交流会 ~おうちで観よう、みんなで話そう~東大で考える子どもの貧困と社会貢献vol.2
東京大学学生団体CO-ONnext
2019年現在、日本のおよそ7分の1が貧困家庭だという統計が出ています(貧困家庭:世帯年収が等価世帯所得の中央値の50%に満たない家庭。相対的貧困にある家庭)。つまり30人のクラスならばおよそ4人が、300人の学年ならば40人以上が、貧困と呼ばれる環境下にいるということです。 しかし、日本社会の中の貧困の実態が社会的に十分な認知を得られているとは言い難く、子どもの貧困への対応策についてもより多くの場で議論される必要があります。そこで、五月祭に引き続き駒場祭でも「子どもの貧困」について考える機会を提供したいとの思いから、学生有志で企画を立ち上げました。 本企画では、映画『こども食堂にて』を上映し、近年注目を集めている「子ども食堂」について考えます。上映会後には交流会を設けて映画の感想を共有するほか、日本の社会の中に存在する「子どもの貧困」という課題にも目を転じ、私たちには何ができるのかを話し合います。 原則として、事前予約をお願いしております。 ※当日参加も可能です。 【第1部】http://ptix.at/Vj5ftg 【第2部】http://ptix.at/JtrxRZ
学術 / 社会科学
物販
Littermate
Littermate
私たちは普段、生物学研究の雰囲気をストリートに落とし込んだファッションブランドとしてオリジナルのアイテムを作成・販売しています。 これまで多くのお客様にご愛用いただきましたが、今回は初めて駒場祭に出店することになりました! 是非是非ご覧ください!
カルチャー
展示物販ライブ
立体日本地図
東京大学地文研究会地理部
地理部では立体地図の展示を行いながら、部員による地図製作の模様や地理部の巡検・合宿などの活動内容の話、立体地図を見ながらの地理に関する興味深い話を生配信します。立体地図展示では、代々受け継ぎながら8年かけて完成させた、日本全体でおよそ15m×15mある立体地図を展示します。この立体地図は3Dプリンターなどを用いず全て手作業で製作しています。活動内容紹介では、立体地図や地理部の普段の活動である週末の街歩きのルートを示した地図、合宿や街歩きの中で部員が撮影した写真などを交えつつ、その内容について紹介します。以上のように地理部では様々な企画をご用意していますので、地理に興味のある方はもちろん、あまり興味のない方にも楽しんでいただけると思います。是非お越しください!
カルチャー