ずぼら女子大生の1日を救え!

ずぼらのメガネ

「部屋が汚い」「授業に遅れる」「忘れ物が多い」「宿題を忘れる」──お心当たりのある方、いませんか? 本ワークショップでは、そんな「ずぼら女子大生」の1日をテーマに、「ずぼら」「ものぐさ」なみなさんの毎日を楽にする方法をお届けします!ワークショップ後は希望される方に「あなたのお悩み」にも私たちメンバーがお答えします。 私たちの研究成果、ぜひ見てきてくださいね!

企画に行く

ライブ配信企画

ずぼら女子大生の1日を救え!

Zoomを利用した、1時間程度のワークショップです。「ずぼら」な大学生の典型的な1日を分析し、それを改善する方法をご提案することで、画面の前の皆様が楽に生きるコツを提案します。

配信時間
11月21日(土)10時00分〜12時00分
11月21日(土)14時00分〜16時00分
11月21日(土)16時00分〜18時00分
11月22日(日)10時00分〜12時00分
11月22日(日)14時00分〜16時00分
11月22日(日)16時00分〜18時00分
11月23日(月)10時00分〜12時00分
11月23日(月)13時00分〜15時00分
11月23日(月)15時00分〜17時00分
アーカイブあり
事前予約あり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可
配布資料あり(二次転載禁止)

団体紹介

私たちは「ずぼらが生きやすくなる社会を作りたい!」をモットーに、ずぼらな人、ものぐさな人の困りごとを解消できる「部屋」について研究する学生団体です。 ずぼらな人の中には、「自分がだらしないせいだ」「やるべきことができていない」そんな風に、お悩みの方が多くいらっしゃいます。でも、使う家具や、部屋の物の配置などの環境を工夫することで、「ずぼら」「ものぐさ」を楽にすることができます。 私たちは、当事者研究などのアプローチで、「ずぼら」にとってより良い環境を模索し、メソッド化することを目指しています。

団体のウェブサイト・SNS

ずぼらのメガネ。ずぼらのメガネ。

関連する企画

ライブ
環境問題を考える
東京大学環境三四郎
SDGsやエネルギー,海洋資源,希少種,新型コロナウイルス感染症による自粛生活など6つの切り口から,動画配信の形で話題を提供し,環境問題について考える企画です.環境関連の話題に興味関心のある学生や社会人の方におすすめです!
学術 / 自然科学
参加型
映画『こども食堂にて』上映会&交流会 ~おうちで観よう、みんなで話そう~東大で考える子どもの貧困と社会貢献vol.2
東京大学学生団体CO-ONnext
2019年現在、日本のおよそ7分の1が貧困家庭だという統計が出ています(貧困家庭:世帯年収が等価世帯所得の中央値の50%に満たない家庭。相対的貧困にある家庭)。つまり30人のクラスならばおよそ4人が、300人の学年ならば40人以上が、貧困と呼ばれる環境下にいるということです。 しかし、日本社会の中の貧困の実態が社会的に十分な認知を得られているとは言い難く、子どもの貧困への対応策についてもより多くの場で議論される必要があります。そこで、五月祭に引き続き駒場祭でも「子どもの貧困」について考える機会を提供したいとの思いから、学生有志で企画を立ち上げました。 本企画では、映画『こども食堂にて』を上映し、近年注目を集めている「子ども食堂」について考えます。上映会後には交流会を設けて映画の感想を共有するほか、日本の社会の中に存在する「子どもの貧困」という課題にも目を転じ、私たちには何ができるのかを話し合います。 原則として、事前予約をお願いしております。 ※当日参加も可能です。 【第1部】http://ptix.at/Vj5ftg 【第2部】http://ptix.at/JtrxRZ
学術 / 社会科学
展示ライブ
日本の貧困問題に迫る
東大World Citizen
みなさんはSDGsをご存知でしょうか? SDGsとは、国連が2015年に採択した、持続可能な開発のための17の目標と169のターゲットからなる開発目標です。今回私たちはそのSDGsについて展示を行います。私たちのSDGsに関する意見を発信し、その上で来場者の方に自分のこととして考える機会を持ってもらえるような展示づくりを目指しています。 その中で今年は貧困問題について深掘りしました。よくアフリカや南米の貧困問題については様々な機会で扱われていますが、日本における貧困問題は関心が低いように思われます。そこで今回は日本における貧困問題を東大生なりに展示としてまとめて、大学内外に訴えていきたいと思っています。 貧困問題やSDGsについてもっと学びたい人も、まだあまり知らない人も、SDGsについて考える機会を得るためにもぜひお越しください!
学術 / 社会科学
ライブ
聖書から学ぶ生き方〜コロナ禍でも響く東大教授からのメッセージ〜
東大キリスト者学生会
気候変動・新型コロナなど全地球的に先行きが見えない時代ですが、若い方々はこれから進路を選び、将来社会に出てからかかわっていく仕事を考えながら、学問を積んで行こうとしておられることと思います。 農学、環境学、開発学といった実学の分野において、聖書が語っている世界観や人の生き方から指針を得つつ、長く国際的な機関でキャリアを積んできた講師が、励ましのメッセージを語ります。
学術 / 社会科学