資源・エネルギーフォーラム2020

国際資源・エネルギー学生会議

新型コロナにより低迷した経済を回復させ、同時に持続可能な社会に近づけるという「グリーンリカバリー」が今、提唱されています。アフターコロナのエネルギーはどうあるべきか、またそれを実現するプロセスについて、資源やエネルギーの観点から持続可能な社会についてのビジョンを持つ方を招き、講演していただきます。 講演者様: 安田陽様 (京都大学大学院経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授) 秋元圭吾様 ([公財]地球環境産業技術研究機構 システム研究グループ グループリーダー) 大林ミカ様 ([公財]自然エネルギー財団 事業局長)

企画に行く

ライブ配信企画

講演会とディスカッション

エネルギー問題の専門家3名をお招きし、Zoom ウェビナーによる講演会を行います。Q&A 機能を用いた質疑応答・ディスカッションもございます。

配信時間
11月21日(土)13時00分〜16時00分
アーカイブなし
事前予約あり
注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

団体紹介

資源やエネルギーの分野について、メンバー同士で知見を共有し、深めるという目的で活動しています。月に一度、メンバー主催の勉強会を行ったり、資源やエネルギーに関連のある施設を見学するといった活動をしています。また情報を外部に発信するために、講師の方を招き、講演していただく「資源・エネルギーフォーラム」を毎年、開催しております。

団体のウェブサイト・SNS

国際資源・エネルギー学生会議国際資源・エネルギー学生会議 - IRESA国際資源・エネルギー学生会議(IRESA)

関連する企画

ライブ
環境問題を考える
東京大学環境三四郎
SDGsやエネルギー,海洋資源,希少種,新型コロナウイルス感染症による自粛生活など6つの切り口から,動画配信の形で話題を提供し,環境問題について考える企画です.環境関連の話題に興味関心のある学生や社会人の方におすすめです!
学術 / 自然科学
ライブ
生物学への誘い
森林化学研究室
「生物学は暗記が多くて大変」という言葉を(特に受験生から)よく聞きますが、受験のための生物学と学問としての生物学はまったく異なります。今回対談をする教養学部の道上教授と農学部の五十嵐准教授は、どちらも東京大学で実際に生物学の研究をしているだけでなく、以前にセンター試験の問題を作っていた先生です。二人の先生が、どのように受験用の生物学と学問としての生物学を捉えているのかを、参加者の皆さんとざっくばらんに議論する会にできたらと思っています。
学術 / 自然科学
ライブ
さいえんすしよー
2020年度入学理科一類35組
「魅せる」「楽しむ」「まなぶ」のそれぞれをコンセプトとした3つのグループに分かれて実験を行います。 [小さな天気] 試験管の中に天気を再現する化学実験をし、その解説を行います。私たちが「雪」、「曇り」、「虹」を再現してみせましょう。 とても綺麗なので見ればあなたも必ず魅せられます。是非見に来てください! [作って遊ぶ定番実験] 磁石のような性質を持つスライムや、片栗粉を使ったダイラタンシー現象を解説付きで紹介します。家でも出来てかつ楽しく遊べる実験ですのでぜひ皆さんも実験してみてください、さいえんすしよー!! [ピタゴラ de 物理] 物理をテーマにした実験を組み込んだピタゴラスイッチをお見せし、その実験の解説をします。日々、理科の勉強と向きあっている中高生の息抜きになり、また勉強のモチベーション向上につながること、間違いなしです。ぜひご覧ください!
学術 / 自然科学
参加型ライブ
法律相談所 講演会・交流会
東京大学法律相談所
東京大学法律相談所は、普段の法律相談に加えて、中高生や地域住民の方などに法学についての関心を持っていただけるような機会を提供したいと考え、毎年有識者の方をゲストとしてお招きし、講演会を開催しています。 今年度は、東京大学法学部、法哲学をご担当の瀧川裕英教授に「若者のための選挙制度改革:シルバー民主主義を越えて」というテーマでご講演いただきます。 今年は、オンラインでの開催ですが、ご自宅からでも法学に親しみを持っていただける様な内容ですので、ぜひご参加ください。
学術 / 社会科学