跳ぶ蛙のかたち 旗揚げ公演

跳ぶ蛙のかたち

初めまして。 跳ぶ蛙のかたち主宰の西村です。この企画に目を留めてくださりありがとうございます。 1年前にはこのような状況になってしまうなど考えられませんでした。影響はすごいもので、僕の周りでも、そして僕自身も生活自体が変わってしまいました。ですが、こうした状況でも信頼できる仲間に恵まれこのように演劇に関われていることに感謝しています。 映像ではありますが、楽しんでいただけるとありがたいです。

企画に行く

その他の企画

こおろぎは、今

僕が書くのは(おそらくこれからも)変な話です。今回は役名をつけてみました。特に意味はありません。少し怖いかもしれません。でも多分そんなに怖くないです。少しヒンヤリしてます。気楽に楽しんでいただければと思います。

注意事項
録音不可
撮影(スクリーンショット)不可
録画不可

団体紹介

「跳ぶ蛙のかたち」は、東京大学の演劇サークル劇団綺畸出身の西村によって立ち上げられた演劇団体です。「様々な存在のかたち」をテーマに劇作を行っていきます。

団体のウェブサイト・SNS

跳ぶ蛙のかたち跳ぶ蛙のかたち 駒場祭特別公演ウェブサイト

関連する企画

ライブ
カワリモノすいっち
絢爛かもみーる
絢爛かもみーるの旗揚げ公演。 コロナウイルスによる打撃は多岐に渡り、演劇を行う者にもその影響が及んだ。感染症対策のために観客がいないことを嘆くのではなく、その制限すら利用して従来の公演とは異なる演劇の手法を模索する。
パフォーマンス / 演劇
展示参加型ライブ
学術企画
見える世界、見えない世界
UTaTané
現代社会では、たくさんの情報から「何が本当か」を見極める力が求められています。しかし、同じ情報を受け取っても、一人一人の感じ方によって「見える世界」は違うでしょう。さらに、デマやうわさによって、正しい情報や知識が見えなくなり、「見えない世界」が作られてしまうことも…。 そこで、本企画「見える世界、見えない世界〜科学とわたしをつなぐもの〜」では、様々な体験や展示を通じて、この「見える世界」と「見えない世界」を体感していただきながら、科学や情報との向き合い方を一緒に考えていきます。 「広告・見出しづくり」や「答えが見えない絵かき歌」、「科学の工場見学」など、お子さんも大人の方も楽しんでいただける展示になっておりますので、ぜひ会場までお越しください!
学術 / 総合
展示
能狂言霜月之座
東京大学能狂言研究会
東京大学観世会・宝生会・狂言研究会による能と狂言のパフォーマンスです。 能と狂言はともに室町時代に発生した日本の伝統演劇です。能は悲劇的要素の強い仮面のミュージカル、狂言は台詞劇で庶民のコメディーとも説明されますが、その本当の魅力や奥深さは、実際に触れてみないとわからないもの。 各演目は以下の通りです。コンパクトな曲から大曲まであります。オンデマンドでの公開ですので空いた時間、一日の終わり等々ご自由にお楽しみください。 観世会 仕舞:蝉丸(6分) 宝生会 舞囃子:加茂(10分) 舞囃子:梅枝(30分) 狂言会 狂言:茶壺(20分) 狂言:清水(20分)
パフォーマンス / 演劇
参加型
映画『こども食堂にて』上映会&交流会 ~おうちで観よう、みんなで話そう~東大で考える子どもの貧困と社会貢献vol.2
東京大学学生団体CO-ONnext
2019年現在、日本のおよそ7分の1が貧困家庭だという統計が出ています(貧困家庭:世帯年収が等価世帯所得の中央値の50%に満たない家庭。相対的貧困にある家庭)。つまり30人のクラスならばおよそ4人が、300人の学年ならば40人以上が、貧困と呼ばれる環境下にいるということです。 しかし、日本社会の中の貧困の実態が社会的に十分な認知を得られているとは言い難く、子どもの貧困への対応策についてもより多くの場で議論される必要があります。そこで、五月祭に引き続き駒場祭でも「子どもの貧困」について考える機会を提供したいとの思いから、学生有志で企画を立ち上げました。 本企画では、映画『こども食堂にて』を上映し、近年注目を集めている「子ども食堂」について考えます。上映会後には交流会を設けて映画の感想を共有するほか、日本の社会の中に存在する「子どもの貧困」という課題にも目を転じ、私たちには何ができるのかを話し合います。 原則として、事前予約をお願いしております。 ※当日参加も可能です。 【第1部】http://ptix.at/Vj5ftg 【第2部】http://ptix.at/JtrxRZ
学術 / 社会科学